よろずやジロー~宮本次朗【プレカットの宮本工業グループ相談役】のブログ

プレカットの宮本工業グループ相談役、宮本次朗の一代記。人生を彩る貴重な出会い、感銘を受けた言葉を振り返りつつ、明日を語ります。

ピンチとチャンスの繰り返し①

社内に貼り出している『宮本イズム』。 企業の最終目的は生き続けることにある~ピーター・ドラッカー。 私はこの言葉に感じて、この言葉を信じて行動してきました。具体的には、いかなる経営環境にあっても、明確に中長期のビジョン(未来構想)・戦略を掲…

強みは何か

50年前から現在に至るまで、多くの方にお世話になりました。 毎朝のストレッチ運動の途中、ふと昔のことを思い出すことがあります。そういえば20数年前、営業支援のため、横浜にある取引先を訪ねたときのこと・・・。 「宮本さん、宮本工業の強みは何ですか。」…

ジロー物語その後

5月20日の刊行から2ヶ月。拙著『ジロー物語』の望外の好評に恐縮しきりの毎日です。実はこの本、5500冊を印刷し当社に着いたのがゴールデンウィークでして、私は早速、謹呈先のリストアップと本へのサイン入れを始めました。社員、家族、友人、取引先・・・。…

再会の喜び

『ホテルきよ水』ホームページより引用。 普段、マグロのように動き回っていた私がコロナ禍の自粛で和歌山に留まること数ヶ月。ようやく移動が解禁になり当社仙台工場を訪ねました。久しぶりの再会にお互い自然と笑みがこぼれます。事務所、工場と歩いている…

人生は入学・卒業の繰り返し

我が家の庭の黐の木。思い入れの深い木です。 「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」インド独立の父、ガンジーのことばです。 還暦を迎えた14年前、第一の人生を卒業した私は以降の人生の節目を卒業・入学になぞらえ、“在学期間”での…

心の礎~一枚の絵~

寺内観山『瀞渓谷の筏流し』。 コロナ禍のもと、出張もゴルフもできず、必然的に会社にいることが多くなっています。そんなある日、応接室での打合せを終え、室内をなんとなく見渡したとき、1枚の絵が目に留まりました。和歌山市出身の画家、寺内観山による…

コロナ後の社会と日本的経営の復権

当社が取得したISOの登録証。 1980年代、日本でも大企業を中心に、出資者である株主の利益を至上のものとする株主第一主義が広まりました。アメリカから流入してきた、この新しい考え方がグローバルスタンダードの称号を得る一方、ステークホルダー(利害関…